ニュースウォッチャーcom

アナタの気になる今話題の最新ニュースをイチ早くお届けします(^_-)-☆

【マジかよ】「シャバい」の意味を知らない『シャバ憎(しゃばぞう)』が急増中! マジ超シャベェェエエエ!!

   

【マジかよ】「シャバい」の意味を知らない『シャバ憎(しゃばぞう)』が急増中! マジ超シャベェェエエエ!!

悲しいことだが、時の流れとともに “死語” は必ず誕生する。かつて隆盛を誇った「ナウい」や「アベック」も、今や完全に死語なのだ。どんなにイケイケのギャルだって、今さら「チョベリグ~♪」とは言わないだろう。だがしかし……。

使用しなくても、多くの死後は「聞いたことがある」ものが多いハズ。なぜなら死後は一瞬でもブレイクしたからこそ死語になるからだ。そんな中、最近の若者が聞いたこすらない死語があるという。それが「シャバい」だ。……って、それ自体が超シャバい!

・ヤンキー用語のひとつ

「シャバい」が流行したのは、おそらく1980年代後半から90年代にかけてだろう。時代的にはビーバップハイスクールが社会現象化した “ヤンキーど真ん中世代” に当たる時期で、当然「シャバい」もヤンキーたちが多用した言葉である。

私(P.K.サンジュン)はヤンキー世代より少し下なので「シャバい」をそこまで活用した記憶はないが、リーゼント系、もしくはパンチパーマ系の先輩たちは頻繁に「シャバい」を使用していた。

さてその語源だが、シャバいの “シャバ” は「シャバの空気を吸う」の娑婆(しゃば)に由来すると推測される。当時はヤンキー全盛期のため「不良じゃない奴ら」→「シャバの奴ら」→「普通の奴ら」……的に変換されたのだろう(ヤバいが変化したなど諸説あり)。

意味としては「冴えない」「ダサい」「根性なし」など……、当時の男たちが最も言われたくない言葉の代表格であり、万が一にもドヤンキーに「シャバい」なんて発してしまったら、死を覚悟する必要があったほどの重みあるワードだ。

ページ: 1 2

 - まとめ

-->