ニュースウォッチャーcom

アナタの気になる今話題の最新ニュースをイチ早くお届けします(^_-)-☆

【悲報】日本の夏の風物詩「うちわ」と「風鈴」、気温50度以上のアメリカ『デスバレー』では○○なことが判明

   

【悲報】日本の夏の風物詩「うちわ」と「風鈴」、気温50度以上のアメリカ『デスバレー』では○○なことが判明

ジメジメと暑い日が続くが、日本の昔ながらの夏の風景はいいものだ。花火大会、近所の夏祭り、プール、蚊取り線香が置かれた縁側、冷えたスイカ……。そして、「うちわ」「風鈴」もまた、日本の夏を代表する2大風物詩と言えるだろう。

先日、アメリカにある「デスバレー国立公園」に行ってきた。常に気温40度台、本気を出せば50度だって突破してしまうという “死の谷” だ。しかし、そんなデスバレーでも、夏の風物詩たる「うちわ」と「風鈴」があれば心涼しく過ごせるのではないか? そう思い持参したところ、衝撃の事実が発覚したのである。

・デスバレー暑すぎ

実際に体験するデスバレーは、朝から当然のような顔をして気温40度台を叩き出すというただの地獄であった。湿度が低いのが唯一の救いではあるが、50度を超えると長時間は外に立っていられない。体にこたえる暑さとはあのことだろう。

だが心配するな。ババーーーン! こんな時こそ、「うちわ」と「風鈴」の出番じゃないか。風鈴のリーン、リーンという涼しげな音色が聞こえれば、たとえ地獄の業火で焼かれていようとも、心には爽やかな風が吹くに違いない。さらに究極のエコアイテム・うちわまであるのだ。勝った……。この勝負、勝ち申した。

・日本の夏の風物詩 vs デスバレー

検証はデスバレー内の3カ所で行うことにした。まずは岩塩がどこまでも広がるエリア、「悪魔のゴルフコース」から攻めてみよう。太陽を遮(さえぎ)るものがないこの灼熱の地で、直射日光を全身に浴びながらの過酷な検証がいま始まる。

・風鈴を鳴らしてみた

ジリジリという音が聞こえてきそうな猛暑の中、日本から持ってきた風鈴を取り出した。私(あひるねこ)はそれを手に持ち、目の前に掲げてみる。アメリカの広大な大地に吹く風が、風鈴を静かに揺らす。リーン……。控えめな音色がデスバレーに響いた。

お、おう……。

ちょっと、場所を変えようか……。続いてやって来たのは「ユービーヒービー・クレーター」。名前の通り巨大なクレーターを見下ろすことができる場所で、まるで地球ではないかのような壮大な景色が広がっている。

さあ、今度はどうだ。リーン、リーン……。

よし、次行こう。

ページ: 1 2

 - まとめ

-->